ミリブロReport

危機管理産業展 (RISCON TOKYO) 2014 その2

展示会レポート



陸上自衛隊
[NBC偵察車]
防衛省 陸上自衛隊は、化学科部隊NBC偵察車を展示。核、生物、化学兵器による汚染地域を想定した車両で、最新鋭の検知機能により、放射線の測定や有毒化学剤、生物剤について正確で迅速な検知、識別を行い、状況を伝達、共有する情報処理器材を備える。


ユアサ商事株式会社


民間向け、防災資機材として筆者が注目したのは同社のシステム。
地域に設置する防災備蓄倉庫が、非常時には個室、トイレなど、地域住民のベースキャンプとして機能する。
倉庫内は通常は荷物を備蓄するための棚が左右に配置されている。非常時には扉や棚を再配置し直し、着替え用の個室やトイレとする。
トイレは使い捨ての簡易なものだが、非常時には十分だろう。
天井のLEDの電燈が明かりをつくる。


アルミケースに収納された浄水器。
泥水から生活用水を作り出す。レバーを数回ポンピングすると、透明な水がホースから流れ出はじめた。


株式会社FS・JAPAN
消防、防災、防犯に関する装備を企画販売してきた「セイバーズ」が、
本年から新ブランド「FS・JAPAN」としてスタートした。
今後は自衛隊向けの製品も取り扱う。


物販も行われたショールーム。
イベント価格で、多くの来客が訪れていた。


応急処置用のバンテージ。
従来の製品と異なり、パッド部分が伸縮するため、傷に押し当てやすい。
同社の製品は現場からの意見をフィードバックし開発を行っている。



自衛隊員向け、消防士向けの装備品展示。
一式、全てが揃う豊富なラインナップ。



Farmest


保存食料を展示していたのは「有限会社エス・アイ・オー・ジャパン」。
湯を注ぐことで温かいシチュー、パスタとなる。クラッカーと一緒に食事とする。
常温保存で10年、冷暗所保存ならば25年という長期保存性を誇る。


通常の保存食からは考えられない、美味しさだった。
クラッカーも味付けがよく、大変食べやすい。




ヤマハモーターエンジニアリング株式会社




日本初のオフロード白バイ。
災害対策用として、既に警視庁が10台を採用した。
LEDの赤色灯は小型軽量で正面と両サイドに配置されている。

XT250P -Offroad Plice Bike-
車両寸法 2100mm×805mm×1140mm
車両重量 160kg
最高出力 14kW(18PS)/7500r/min
総排気量 249cc




東京消防庁
救出ロボットとそのシステムを展示。
各日3回、現職の隊員達による作業実演を行った。

危険な災害現場において、無線による遠隔操作で救助活動ができるロボットである。

災害現場において放射線、可燃性ガス、化学剤等を検知する場合は
検知型遠隔探査装置(検知型ロボット)を活用する。
検知器は組み合わせで様々な応用が可能だ。
Text:Acorn
Photo:Itsuya


同じカテゴリー(展示会レポート)の記事画像
SAT マガジン提供レポート「危機管理展 2015」
テロ対策特殊装備展 (SEECAT) 2014
危機管理産業展 (RISCON TOKYO) 2014 その1
同じカテゴリー(展示会レポート)の記事
 SAT マガジン提供レポート「危機管理展 2015」 (2015-12-25 19:45)
 テロ対策特殊装備展 (SEECAT) 2014 (2014-11-05 12:47)
 危機管理産業展 (RISCON TOKYO) 2014 その1 (2014-10-29 18:11)

ひとつ前のレポート ひとつ次のレポート

PageTop