ミリブロReport

太平洋戦線ヒストリカルイベント「ざ・パシフィックフロント4」その2

軍装コスプレ・ゲームイベント(太平洋戦争)
2015年8月15日、和歌山県のサバイバルゲームフィールド「BattleLand-1」にて第4回となる太平洋戦線ヒストリカルイベント「ざ・パシフィックフロント4」が関西ヒストリカルイベント運営事務局主催で開催された。
太平洋戦線を題材としたヒストリカルゲームは昨今、数箇所で開催されるようになったが、中でもこのパシフィックフロントはその内容のリアルさ、参加者の意識の高さでトップレベルであり、海外からも注目されているイベントである。

イベント当日は突き抜けるような晴天の中、総参加者数92名、模擬戦闘参加者日本軍41名、アメリカ軍22名、出店11店舗と盛況であり、BattleLand-1一帯はまさに1944年にタイムスリップしたかのようであった。

今回も1944年の太平洋の島嶼戦をモデルとした架空の戦場「バトラン島」に上陸したアメリカ軍と迎え撃つ日本軍の想定で行われ、アメリカ軍が占領中の「255高地」に対し日本軍が攻撃をかけるシナリオが展開された。

今回は撮影枚数4000枚以上という膨大な数の写真の中から、特に厳選したものを中心に模擬戦闘について紹介しよう。

日本軍は想定される連隊主力の攻撃の補助として、バトラン島二五五高地の攻撃奪取を命じられる。

集結地へ前進する日本軍先遣小隊。


集結地にて小隊長は各分隊長に詳細を下達、偽装を行い行動を開始する。

一方Hill255の防御を命ぜられたアメリカ陸軍は、前日より陣地を構築し日本軍を待ち受けるが、陣地構築に必要な資材、時間はあまりに少なく充分な態勢は整えられなかったという設定。


また、防御の要である機関銃、ブローニングM1919は当初2挺が準備されていたが1挺が故障で使用できなくなり、急遽BAR(ブローニング自動銃)で対応。

アメリカ軍の潜伏斥候が陣地前程に潜み、日本軍の動向を逐一本部へと報告する。

日本軍は分隊ごとに斥候を出し、二五五高地にアメリカ軍を偵察、陣地の解明を行う。

これらは戦闘に際し、必ず行われるセオリーであるがここまで再現した行動を行うイベントは海外においてもほとんど無い。写真は小隊の後方から戦況を見守りつつ前進する中隊指揮班。



斥候により陣地を解明した日本軍は速やかに攻撃の計画を策定、連隊砲の支援を要請し、砲撃によってアメリカ軍の視界を塞ぎ、その間に鉄条網の切断を試みる。

アメリカ軍は陣地前面に迫った日本軍に対し、迫撃砲による防御射撃を実施。

更に各機関銃、小銃が陣内から射撃を始め、日本軍を足止めする。

日本軍は迫撃砲と機関銃の銃撃により損害を受けつつも、一部鉄条網の切断に成功し攻撃の突破口を開く。




準備が整った日本軍は、攻撃を開始。一気呵成にアメリカ軍陣地へと迫った。



日本軍の攻撃により、障害を突破されたアメリカ軍は、陣地を放棄し後退。日本軍は後退するアメリカ軍を追走する。


高地を占領しつつある日本軍に対し、アメリカ陸軍は一部部隊により逆襲を実施。大きな被害を与える。





アメリカ軍の後衛部隊が主力の後退を援護する中、日本軍の斬り込み隊が突入、激しい陣内戦闘が繰り広げられた。

以上が模擬戦闘の流れである。

その他の写真、記録など膨大な量をすべて紹介する事は不可能であるが、更に詳細はミリタリーブログ内にある関西ヒストリカルイベントのオフィシャルブログに掲載されているので、そちらも確認していただきたい。

今後も部隊、シチュエーションにこだわった「フロントシリーズ」と、第二次世界大戦テーマならなんでもokのサバイバルゲーム寄りのイベント「ヒスサバ」の二本立てでのイベント展開を続けて行くとの事。

公式サイト及びブログをチェックされたい。

取材協力:関西ヒストリカルイベント
http://his-event-kansai.com/
http://khe.militaryblog.jp/


同じカテゴリー(軍装コスプレ・ゲームイベント(太平洋戦争))の記事画像
太平洋戦線ヒストリカルイベント「ざ・パシフィックフロント4」その1
 太平洋戦線ヒストリカルイベント「ざ・パシフィックフロント4」その1 (2015-12-09 18:34)

ひとつ前のレポート ひとつ次のレポート

PageTop